• TOP > 模擬問題
    静岡県(しずおかけん)駿河湾(するがわん)のある魚介は唯一(ゆいいつ)国内(こくない)で市場(しじょう)に出せるほど水揚(みずあ)げされます。春(はる)と秋(あき)、年2回漁獲(ぎょかく)され、釜(かま)揚げの美しい色が目に映(は)えるこの魚介を選びなさい。
    (1)イセエビ (2)カサゴ (3)キンメダイ (4)サクラエビ
    ▼解答と解説▼
    (4)サクラエビ
    【解説】富士川河川敷(かせんじき)のサクラエビの干場が一面桜色に染まる景色(けしき)は圧巻(あっかん)の美しさで、観光地(かんこうち)としても人気。釜(かま)揚げのほか、かき揚げ、ちらし寿司、鍋、卵焼きなど、産地ならではの使い方がされている。
    古くから沿岸漁業が盛んで魚庭(なにわ)の海、チヌの海と称された大阪湾。この海でよく獲れたことからチヌと呼ばれる魚は、釣り人にも人気です。この魚の標準和名を選びなさい。
    (1)アマダイ (2)イシダイ (3)クロダイ (4)マダイ
    ▼解答と解説▼
    (3)クロダイ
    【解説】チヌの海とは、大阪湾をさす言葉。栄養豊かな河川が流れ込む大阪湾で獲れる魚は、イワシ、イカナゴなど種類も豊富。クロダイは、タイ科の中でも最もマダイと形がよく似ており、マダイをそのまま黒くした見た目。
    江戸(えど)時代(じだい)、常陸国(ひたちのくに)(現(げん)茨城県(いばらきけん))が11代(だい)将軍(しょうぐん)徳川家斉(とくがわいえなり)に献上(けんじょう)していたことから「公魚」と書(か)きます。氷上(ひょうじょう)釣(つ)りでも有名(ゆうめい)なこの魚を選びなさい。
    (1)コマイ (2)メヒカリ (3)シロウオ (4)ワカサギ
    ▼解答と解説▼
    (4)ワカサギ
    【解説】茨城県(いばらきけん)霞ヶ浦(かすみがうら)など全国でワカサギの氷上釣りが冬の風物詩(ふうぶつし)として楽しまれている。読みの“ワカ”は、細長(ほそなが)く弱々(よわよわ)しい姿形(すがたかたち)を意味(いみ)し“若”から、“サギ”は鳥のサギに似(に)ている、またはそのエサになっていたことからといわれている。名産地(めいさんち)である茨城県霞ヶ浦では佃煮(つくだに)などワカサギの郷土料理が多数(たすう)ある。
    北の海にすむ魚のうち、チリ鍋や棒(ぼう)だらに欠かせないマダラを下図から選びなさい。

    ▼解答と解説▼
    (3)マダラ
    【解説】マダラの特徴(とくちょう)は下アゴにヒゲがあることと、大きいものは1mを超える巨体。“鱈腹(たらふく)食べる”というように非常に貪欲(どんよく)で、このヒゲに触るものは何でも食べてしまうとか。身より珍重されるのがマダラの精巣(せいそう)・白子で常に高級品。(4)のスケトウダラの卵巣(らんそう)はタラコとして有名。(1)はホッケ、(2)はエゾイソアイナメだが、房総(ぼうそう)から三陸沿岸ではドンコのほうが通りがよい。
    北海道(ほっかいどう)の春(はる)告(つ)げ魚であるこの魚は、卵巣(らんそう)は数(かず)の子としておせち料理(りょうり)に、乾燥(かんそう)させた身(み)欠(が)きは郷土(きょうど)料理にも使われます。この魚を選(えら)びなさい。
    (1)サケ (2)タラ (3)ニシン (4)ハタハタ
    ▼解答と解説▼
    (3)ニシン
    【解説】お正月(しょうがつ)料理に欠(か)かせない数の子はニシンの卵巣を塩漬(しおづ)けしたもの。アイヌの言葉(ことば)でニシンをカドと呼(よ)び、それがなまってニシンの卵を数の子というそうだ。いまでも東北各地でニシンをカド、カドイワシと呼ぶ。身欠きニシンは北陸や関西の昆布巻き、京都のにしんそば、福島会津地方のさんしょう漬けに使われる。
    かつて出世魚を運んだ富山から飛騨高山へと続く道は、近年5名のノーベル賞受賞者を輩出していることから「出世街道」とも呼ばれています。この街道名を選びなさい。
    (1)鯖街道 (2)鮎鮨街道 (3)鰤街道 (4)鮮魚(なま)街道
    ▼解答と解説▼
    (3)鰤街道
    【解説】富山から飛騨、高山にかけての鰤街道にちなんだノーベル賞受賞者は、富山出身の田中耕一氏、小・中学時代を富山で過ごした利根川進氏、高校時代まで高山で過ごした白川英樹氏、飛騨・神岡が実験の拠点となった小柴昌俊氏、物理学賞を受賞した梶田隆章氏の5名。
    春にはたまねぎ、夏にはおくら、初秋には松茸と、季節ごとに出合いものとされる魚介を選びなさい。
    (1)アマダイ (2)ブリ (3)ハモ (4)ニシン
    ▼解答と解説▼
    (3)ハモ
    【解説】京都を代表する夏の食材、盛りのハモは賀茂おくらと出合い、走りの頃にはたまねぎと、そして名残りの時季には出始めの松茸と出合う。生命力が強いハモは冷蔵設備がない時代に瀬戸内から運んできても、死んだりぐったりすることがないため、京都の人は昔からハモをよく食べてきた。
    大量に墨を吐くことから関東ではスミイカと呼ばれ、肉厚でずんぐりとした姿形のイカを選びなさい。
    (1)アオリイカ (2)コウイカ (3)スルメイカ (4)ヤリイカ
    ▼解答と解説▼
    (2)コウイカ
    【解説】体内に甲という貝殻の名残をもっていることから、甲イカと呼ばれる。関東のスミイカに対し、西日本ではたくさん獲れるイカの意味でマ(真)イカと呼ぶ。関東では墨まみれのまま、関西では墨をきれいに洗った状態で流通する。
    かつて福井県若狭湾の小浜で獲れたサバは“鯖街道”づたいに人力で京都まで運ばれ、たいそうなごちそうになっていました。街道の中間地点の山間部に位置する滋賀県高島市朽木(くつき)で生まれたサバ料理を選びなさい。
    (1)サバのへしこ (2)サバのなれずし (3)バッテラ (4)焼きサバ寿司
    ▼解答と解説▼
    (2)サバのなれずし
    【解説】物流のほとんどを人力で賄っていた頃、移動の間に食材を寝かせ、目的地に着く頃にちょうどよい塩梅に味が馴染むよう考えられた保存食は多い。小浜から京都へ渡った塩サバもまさにその筆頭で、小浜から京都までの十八里(約72Km)を1日で踏破する間にしっかりと塩が馴染んだという。ずっしりと重い塩サバを背に「京都は遠ても十八里」と気合いを入れた魚荷衆が、華やかな京料理を支えていたのだ。
    磯魚メジナは季節によって味の評価が分かれます。
    磯臭さが抜け、脂がのって美味となる時季を選びなさい。
    (1)春 (2)梅雨時 (3)盛夏 (4)冬
    ▼解答と解説▼
    (4)冬
    【解説】磯釣りの対象としてイシダイと並ぶ人気を誇るメジナは春から初夏にかけて産卵し、産卵後の梅雨時に荒食いする。釣りの世界では“梅雨メジナ”という言葉があるように、釣魚としてはこの時季が最も人気が高い。味の方はといえば、雑食性で夏には野菜くずまで食べるため、磯臭く脂ものっていない。冬期になるとハバノリなどの海藻を主食にするようになり、臭みが抜け、質のよい脂ものって刺身、塩焼き、煮魚にしておいしくいただける。この時季には“寒メジナ”とも呼ばれる。釣りファンが多いため、グレ(関西)、クシロ(静岡)をはじめ各地で無数ともいえるほど様々な呼び名で親しまれる。
    クセのない白身ゆえか、飛騨の古川では河フグ、筑後川の河口に近い福岡県大川では川アンコウと呼ばれます。この魚を選びなさい。
    (1)ナマズ (2)コイ (3)ボラ (4)カジカ
    ▼解答と解説▼
    (1)ナマズ
    【解説】国内では地味な存在ながら、ナマズの食用文化は世界的なもので、各国で養殖される。ベトナムやカンボジアで大規模に養殖されるチャーという種は日本にも輸出され、白身魚のフライとして市販の弁当などにも使われる。日本でも古川や大川のほか、群馬県板倉町、埼玉県吉川市、岐阜県関市など内陸地で養殖され、蒲焼き、てんぷら、骨せんべい、そしてフグのように皮の湯引きなどで親しまれる。
    成魚は深海魚ですが、20cmほどの子どもは親と離れて磯周りで群れるため“オンシラズ”と呼ばれています。冬が旬のこの魚を選びなさい。
    (1)マゴチ (2)ムツ (3)ヤナギムシガレイ (4)ヤナギノマイ
    ▼解答と解説▼
    (2)ムツ
    【解説】オンシラズは小さくとも親譲りのおいしさを持ち「小さいのに味は大きい」と、寿司職人をしていわしめるほどである。しかしながら、料理人泣かせの鋭い歯を持っているのが玉に疵(きず)。旬はいわゆる“寒ムツ”と呼ばれる冬で、12月~2月が最盛期となる。
    日本の沿岸では最も深いこの湾ではいまでも新種の深海魚が発見されています。沿岸の港でゲホウ、デン、トロボッチ、タカアシガニなどこの地特有の魚介が水揚げされるこの湾の位置を下図より選びなさい。

    ▼解答と解説▼
    (2)駿河湾
    【解説】(1)はシロエビ、ホタルイカ、寒ブリなどが揚がる“天然の生け簀”富山湾、(3)はハマグリ、コウナゴ、天然トラフグなどが獲れ、ノリの養殖の盛んな伊勢湾、(4)は若狭の名を冠したグジ、カレイ、フグで名高い若狭湾。
    津軽海峡を望む下北半島の風間浦は、世界最大級のタコとされるミズダコの産地。北国の寒さを和らげるミズダコの身と内臓を使ったこの地の料理を選びなさい。
    (1)道具汁 (2)だだみ鍋 (3)水軍鍋 (4)どんがら汁
    ▼解答と解説▼
    (1)道具汁
    【解説】風間浦では魚の内臓を“道具”と呼ぶことからこの名が付いた。しょうゆやみりん、酒で味付けした道具汁は、元は漁師のまかない飯だった。(2)は秋田でマダラの白子をさす“だだみ”が主役の鍋、(3)の水軍鍋は“八方の敵を喰う”と縁起をかつぎタコを入れるのが決まりの、古くから広島に伝わる鍋、(4)のどんがら汁はマダラの身のほかにアラ、白子を煮込んだ山形県庄内地方の名物。
    下図はある季節のある土地の、とある居酒屋のお品書きです。季節と場所を選びなさい。


    ▼解答と解説▼
    (2)梅の頃の京都
    【解説】京都・北野天満宮の梅が見頃を迎えるころ、ご覧のような肴に出逢える。“よこわ”は関東ではメジマグロと呼ばれる産卵前の小さなマグロ、冬場に濃厚な旨みを持つ。“ぐじ”はアマダイのことでサワラともども若狭湾、丹後海で水揚げされる。“もろこ”は琵琶湖産の本諸子、“きずし”はしめ鯖。京都では“ぬた”のことをてっぱいといい、イカと分(わけ)葱(ぎ)の酢味噌和えがポピュラー。