• TOP > 検定要項
    ■検定名 第8回 日本さかな検定(愛称:ととけん)
    ■検定日 2017年6月25日(日)
    ■試験時間 全級:70分
    3級(初級)・1級(上級) 説明12:50~13:00 試験13:00~14:10
    2級(中級) 説明15:00~15:10 試験15:10~16:20
    ■開催エリア 札幌 | 石巻 | 東京 | 静岡 | 名古屋 | 大阪 | 兵庫香美(かみ) | 宇和島 | 福岡
    ■申込締切り 2017年5月22日(月) ※団体申込締切は5月15日(月)
    ■実施級・受検料
    3級:初級 初めて出会う発見や感動を通して魚にもっと親しみたい方を対象。
    2級:中級 魚好きにして通を自認する一般の方や漁業・流通・調理に携わる方で、
    さらに魚食文化の奥深さを身につけたい方を対象。
    1級:上級 魚と日本の魚食文化に関する広範囲の知識の頂点を目指す方を対象。
    日本さかな検定2級(中級)合格者対象。
    学割導入:各級1,000円割引、団体割引:10%割引
    ◆学生割引(検定日当日に24歳以下の学生)各級1,000円割引
    ※身分証(学生証・生徒手帳などの学生と証明できるもの)を検定当日に、
     ご呈示いただく場合がございます。
    ◆団体割引(5名以上) 10%割引/ ペア割引(2名1組) 5%割引
    ※各種割引の併用はできません。
    ※受検料の一部を東日本大震災の義援金として寄贈し、水産関係施設の復興を支援します。
    個人受検
    実施級 一般 学生
    3級 4,200円(税込) 3,200円(税込)
    2級 5,200円(税込) 4,200円(税込)
    1級 7,300円(税込) 6,300円(税込)
    3級・2級併願割引 8,400円(税込) 7,400円(税込)

    ペア受検・団体受検
    実施級 ペア受検(1名あたり) 団体受検(1名あたり)
    3級 3,990円(税込) 3,780円(税込)
    2級 4,940円(税込) 4,680円(税込)
    1級 6,935円(税込) 6,570円(税込)
    3級・2級併願割引 8,400円(税込) 8,400円(税込)
    ■検定会場
    札幌:赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)内会議室を予定 石巻:石巻市水産総合振興センターを予定
    東京:会場未定 静岡:会場未定
    名古屋:吹上ホールを予定 大阪:会場未定
    兵庫香美(かみ) :兵庫県立香住高等学校を予定 宇和島 :宇和島市役所を予定
    福岡:市場会館[長浜鮮魚市場]を予定  

    ※受検会場は、受検票送付時にご案内いたします。

     

    ■受検資格 【3級・2級】:魚に関心を寄せる方ならどなたでも受検可。いずれの級からでも受検可能。
    年齢・経験等制限はございません。
    ※3級と2級の併願可。※2級は、3級に合格していなくても受検可。
    【1級】:日本さかな検定2級(中級)合格者対象。
    ■受検票の発送について

    ■受検票の発送について
    2017年6月13日(火) 発送予定
    【受検票未着に関するお問合せ期間】
    2017年6月16日(金)~2017年6月23日(金)
    (土・日・祝日除く10:00~12:00、14:00~17:00)
    ※お問い合わせがなく受検が出来ない場合、事務局では一切の責任を負いません。

    【お問い合わせ先】
    日本さかな検定運営事務局 TEL:03-3233-4808

    ■結果通知について 2017年8月上旬に、全受検者へ合否結果と得点ランキング通知を送付いたします。合格者には合格認定証を送付いたします。
    合格者にはご希望により有料で認定カード、認定名刺をご用意しております。
    受検の流れ
    試験概要
    ■出題レベル 3級(初級) 初めて出会う発見や感動を通して魚にもっと親しみたい方を対象とした初級レベル
    2級(中級) 魚好きにして通を自認する一般の方や漁業・流通・調理に携わる方で、もっと魚食文化の奥深さを身につけたい方を対象とした中級レベル
    1級(上級) 魚と日本の魚食文化に関する広範囲の知識の頂点を目指す方を対象とした上級レベル
    ■問題形式 3級・2級・1級 マークシート100問 四者択一方式/100問 試験時間70分
    ■合格基準 3級(初級) 全100問中60問以上の正答者は合格

    60問以上を正答した受検者数が全体の70%未満の場合は、
    上位70%の受検者が合格となるよう合格基準を引き下げます。

    2級(中級) 全100問中70問以上の正答者は合格
    70問以上を正答した受検者数が全体の50%未満の場合は、
    上位50%の受検者が合格となるよう合格基準を引き下げます。
    1級(上級) 全100問中80問以上の正答者は合格